スポンサーリンク

測距点の精度はAFセンサーで決まる!クロスセンサー付きがオススメ

測距点

カメラ撮影時、オートフォーカスに頼って撮影
している人が大半ではないでしょうか。
 
オートフォーカスの性能を決める要素が測距点
と、AFセンサーの種類です。
  
そこでこの記事では測距点とAFセンサーの関係
について解説します。
 
この部分を理解することで、カメラのカタログ
を見た時に、オートフォーカスの精度の良さが
わかるようになりますよ。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

測距点とは

測距点とは、オートフォーカスでピントを合わ
せられるポイントのことを指し、別名でフォー
カスポイントといった呼び方をすることもあり
ます。
 
測距点の数はカメラによって決められており、
上級機ほど数が多く、ピント合わせが正確にで
きます。 
 
ただしすべての測距点で平等に正確にピントを
合わせられるわけではありません。
 
画面中央部の測距点ほど精度は高く、端の方で
は下がる傾向にあります。
 
オートフォーカスの正確さはAFセンサーの種類
によって決められており、正確な部位ほど高度
なAFセンサーが採用されています。
 

AFセンサーの種類

オートフォーカスを行うためのセンサーがAFセ
ンサーです。
 
AFセンサーにも大きく3種類あり、測距点の中
でもピント合わせの得手不得手があります。
 

  • ラインセンサー:垂直もしくは水平方向のいず
    れかで精度が高い
  • クロスセンサー:垂直及び水平方向において精
    度が高い
  • デュアルクロスセンサー:垂直と水平だけでな
    く、対角線上であっても高精度

 
基本的にはラインセンサーの測距点が多いです
が、機種のスペックが上がるほどクロスセンサ
ーの割合が高くなります。
  
画面の中央部だけクロスセンサーになっていた
り、測距点すべてがクロスセンサーを採用して
いたりと、機種によって異なります。
 

クロスセンサーが多いほどピントの制度が高い

クロスセンサーは垂直及び水平方向のいずれに
も対応しているため、ラインセンサーよりも高
い精度でピントを合わせることが可能です。
 
上級機になるほど測距点が多く、またクロスセ
ンサーの割合も増えるため、素早いピント合わ
せが実現できます。
  
【Nikon一眼レフにおける測距点の数とクロスセンサーの割合】

  • D3500(入門機): フォーカスポイント11点、う
    ちクロスセンサー1点
  • D7500(中級機): フォーカスポイント51点、う
    ちクロスセンサー15点
  • D850(上級機):フォーカスポイント153点、うち
    クロスセンサー99点

 
そのためこれから一眼レフを新しく購入しよう
と考えている方は、測距点の数だけでなく、ク
ロスセンサーの割合も判断材料とするのがオス
スメです。
 
一眼レフのスペックが上がるほど値段は高くつ
いてしまいますが、その代わりオートフォーカ
スの精度が高いので、いい写真が撮りやすくな
ります。
   
特定商取引の表示
プライバシーポリシー

>>トップページはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
一眼レフのまとめ
スポンサーリンク
skをフォローする
創想探求 ~一眼レフカメラのスキルアップサイト~