スポンサーリンク

レンズ色収差とはどんな現象?原因と対策を解説します

写真撮影をしていると、実物には存在しない色
が画像に浮かび上がっていることがありません
か?
 
その現象を「色収差」といいます。
 
色収差は最小限に抑えることは出来ますが、ゼ
ロにするのはかなり難しいです。
  
この記事では色収差の原因と対策を解説します
が、写真撮影にあたって色収差が生じても気に
しない方が楽しめるかもしれませんよ。
  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レンズ色収差とは

光がカメラレンズの中を通ることで起こる色収
差について解説します。
 

色収差の現象

光がカメラレンズを通ることで、光の色ごとに
分かれ、ある点に集約する現象が起こります。
 
これが色収差が起きる原因であり、図で表すと
以下のようになります。
色収差1
画像引用:https://www.lensya.com/top/chromaticaberration/index.html
 
この現象がカメラレンズの中で起こることで、
実物に存在しない色が写真上で現れるのです。
 

色収差が起きると画質が悪くなる

色収差が起こることで画像上に色のにじみや象
の流れが生じます。
 
それに伴い、画質が低下してしまします。
 
色収差は物理的現象により避けることはできま
せんが、程度を抑えることが可能なので、気に
なる方は最小限にする対策を取りましょう。
  

レンズ色収差の種類

レンズ色収差には大きく分けて二種類あります。
 

軸上色収差

軸上色収差はレンズを透過した先の、光の集約
点が波長によって異なることで起きる現象です。
 
光の波長ごとにの焦点がズレることによって、
画像がボヤけて見えるようになります。
 

倍率色収差

倍率色収差とは画像上の色が滲んで見える現象
です。
 
先述した軸上色収差が画像中央部で見られるこ
とが多いのに対し、こちらは中央部よりも四角
など端っこの方で見られるケースが多いです。
 
倍率色収差が生じることで、被写体の縁に存在
しない色が浮き出てしまいます。
 
色収差2
画像引用:https://www.isl.co.jp/biz/correction.html

↑補正前の写真には、実物には存在しない緑色
の線が浮き出ている
 
色収差が生じることで画像の質が落ちてしまい
ますが、補正することで改善出来ます。
 

レンズ色収差が発生しやすい被写体

レンズ色収差はほぼ必ずと言っていいほど発生
するものですが、被写体の中でも発生しやすい
ものがあります。
 
あくまで一例ですが、以下のような被写体では、
他のものよりも発生しやすいそうです。
 

  • 日光が差し込んだドアや窓
  • 花火や灯火など、暗いところで見る光
  • 水面・金属面に反射した光

 
傾向としては、コントラストが強い部分や光量
が極端に強い場合に起こりやすいのかもしれま
せん。
 

色収差を小さくする対策

色収差はあくまで物理現象なので無くすことは
できませんが、最小限に抑えることは可能です。
 
そこで色収差を抑える対策を紹介します。
 

絞り値を大きくして撮影する

カメラ3
 
絞り値を大きくする、つまり光量を絞って撮影
することで、色収差を最小限にできます。
 
ただし絞り値による抑制は、軸上色収差のみの
対策となり、倍率色収差を抑えることはできま
せん。
 

収差を抑えるように工夫しているレンズを選ぶ

収差の少ない材質・構造を採用しているレンズ
を使うことでも、色収差を抑えることが出来ま
す。
  
色収差の少ないレンズはスペック上で判断する
のは難しいですが、メーカーによっては色収差
を最小限にする対策をHPで公開しています。
 
例えばNikonの場合、色収差を抑制するために
以下の工夫をしているそうです。
 

  • 凹レンズも取り入れることで、波長ごとに異な
    る焦点を同じ位置に集める
  • 素材に蛍石レンズを採用

参照:https://www.nikon-image.com/products/nikkor/about/technology.html
 
あなたが欲しいレンズがあった場合、そのメー
カーが色収差抑制のためにどんな工夫をしてい
るのか、調べてみるのもいいでしょう。
 

撮影後にレタッチなどをして補正する

どうしても画像上の色収差を無くしたいという
人は、画像編集ソフトなどで補正しましょう。
 
例えば代表的な画像編集ソフトの一つである
Photoshopのプラグイン機能である
「Adobe Camera Raw」を活用すれば、色収差を
減らすことが可能です。
 
Photoshopでなくても、あなたが普段利用して
いる画像編集ソフトでも出来るかもしれないの
で、ソフトの機能に「色収差抑制」コマンドが
ないか、確認してみましょう。
 

まとめ:レンズ色収差は抑えることは可能ですが、ゼロにはなりません

レンズ色収差を最小限にすることは可能ですが、
ゼロにすることはほぼ不可能です。
 
そのため色収差がどうしても気になる人は、画
像編集ソフトでレタッチを掛けて、補正しまし
ょう。
 
【色収差について】

  • 生じる原因はレンズを透過する際に、波長ごと
    に焦点が異なることによる
  • 画像上でぼやけて見える「軸上色収差」と、実
    物の縁に存在しない色が浮き出る「倍率色収差」
    の二種類がある

 
また色収差が生じた際の対策は以下の通りです。
 

  • 絞り値を大きして撮影することで、軸上色収差
    を減らせる
  • 収差が少ない作りを採用しているレンズを選ぶ
  • Adobe Camera Rawなどの画像編集ソフトで補正
    する

 
レンズ色収差は物理的にも生じてしまうものな
ので、あまり気にせず撮影を楽しまれるのが良
いでしょう。
 
どうしても気になる方は、画像編集ソフトで補
正すれば無くすことが出来るので、きれいに仕
上げてみて下さいね。
   

特定商取引の表示
プライバシーポリシー