スポンサーリンク

露出補正が初心者でも必要な理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

露出補正は初心者こそ覚えるべき

結論から言うとカメラ初心者のかたこそ、露出
補正を覚えるべきなんです。

露出補正と聞くとプロや上級者の人たちが触る
ものだと思っていませんか?

カメラを始めると覚えていかなければならない
ことがたくさんありますが、まずは最初に露出
を覚えておけば後々のカメラワークに必ず役に
たちます。

なぜ初心者でも露出補正が必要なのか?

露出を最初に覚えるべき理由ですが、カメラの
自動補正は確かに便利ですがたまに迷うときが
あります。

最後は人間の目で判断して自分の好みに合わせ
ようとすると露出調整する必要がでてきます。

これは初心者でも玄人でも同じです。

カメラに頼りっぱなしではなく、自分の感性を
磨くようにしましょう。
  

撮影後に確認すると良くわかる

最近のカメラはとても高性能でカメラを初めて
扱う人でも買ったその日から普通にきれいな写
真が撮影できてしまします。

カメラの設定を何もしないで撮影した場合、す
べての設定がカメラ任せになります。

写真の良しあしは光の調整で激変します。
  
撮影設定がオートで撮影された場合は、カメラ
がその時々で自動判断をして露出などを管理・
決定します。

最初のうちはらくちんですが、プリントアウト
したときに違和感がある場合があります。

特に室内や逆光、あとバックが白地や黒地など
のシーンでカメラが迷う場合があります。

露出調整を覚えておけば撮影後に確認して、明
るさが足りなかったり、暗かったらりしたらそ
のつど微調整をかけてその時のシーンにあった
写真に仕上げることができますよ。

  
露出補正の操作自体は全く難しいものじゃない
ので、操作は初心者さんでも問題なくマスター
できると思います。

ただ露出補正の知識に関してはちょっとだけ勉
強する必要がありますが、そんなに小難しくは
ないので心配する必要はあません。

まとめ

ここまで初心者こそ露出補正を覚えておくべき
理由について解説してきました。

一般的には露出補正と聞いただけで上級者向け
のキーワードで初心者が扱うものではないと思
いがちですが、初心者の人こそ必要な技術だと
言うことかわかって頂けたかと思います。

特定商取引の表示
プライバシーポリシー