スポンサーリンク

カメラのノイズの原因は何?種類と対策を解説

カメラで撮影をすると、写真にざらつきがてき
ます。
 
このざらつきをノイズというのですが、このノ
イズが発生するおかげでせっかくの写真の出来
が劣る原因になります。
 
しかし、ノイズの原因を理解し、対策ができれ
ばある程度は綺麗に撮影が可能です。
  
今回は、それぞれ撮影時に起きるノイズの原因
と対処・除去方法を詳しく解説します。
  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノイズは主に2種類

ノイズには、主に高感度ノイズと長時間ノイズ
があり、それぞれどのようなノイズなのかを解
説します。
 

高感度ノイズとは? 感度ノイズとは、ISO感度を上げたときに起きる ザラザラした感じがするノイズのことです。   ISO感度を高くするとことで、センサーで受けた 光の情報を増幅させ僅かな光でも明るく写すこと ができます。    とても使える機能ではありますが、ISO感度を上 げすぎてしまうと、光に加えて不要なノイズまで もが増幅されるので気をつけなければなりません。     長時間ノイズとは? 長時間ノイズとは夜間撮影をおこなったときなど 数秒?数十分とシャッター速度を長くした時に起 きるノイズのことを言います。   長時間露光した際に発生するものなので、写真に よって目立ってしまい厄介なノイズです。    高感度ノイズと長時間ノイズのそれぞれの対策

 
高感度ノイズと長時間ノイズのそれぞれの対策に
ついてそれぞれ解説します。
 

高感度ノイズの3つの対策   高感度ノイズの対策から解説をします。   ISO感度を上げ過ぎない

高感度ノイズを避ける為の基本は、まずはISO
感度を上げ過ぎないことです。
  
ISO感度を上げ過ぎが根本の原因なので、出来る
だけISO値を低く抑えて撮影するようにしてくだ
さい。
 
自分の持っているカメラのノイズ量を把握し
て、自分なりのISO感度の上限を決めておけ
ば過度のノイズ発生を回避できます。
   

現像ソフトを活用する

お使いのカメラメーカー純正の現像ソフトや
AdobeのLightroomやPhotoshopを使うことで
高感度ノイズを軽減することができます。
 
しかし、ノイズ除去効果を強くし過ぎると油
絵のようになり、ディテールが潰れてしまう
ので万能ではないということを頭に入れてお
く必要があります。
  

カメラに搭載されているノイズリダクション機能を使う

 
高感度ノイズ低減機能が搭載されているカメラ
であれば、撮影時にノイズ量を軽減することが
できます。
 
こちらも現像ソフト同様にディテールが失われ
シャープ感がなくなる場合があるので気をつけ
てください。
  

長時間ノイズの2つの対策   続いて長時間ノイズの対策について解説をしま す。   ノイズリダクション機能を使用

高感度ノイズ同様に長時間ノイズもノイズリダ
クション機能を使用して撮影することで長時間
ノイズを軽減させる。
 
しかし、長時間ノイズを解消する為にこの機能
を使うと、撮影後にシャッター速度と同じ時間
だけカメラが使えなくなるというデメリットが
あります。
 
つまり、シャッター速度40秒で撮影すると、撮
影終了直後から更に50秒間カメラが使えなくな
ってしまうということです。
   
何枚も撮影する状況だとシャッターチャンスを
逃してしまう可能性があるので注意が必用です。
  

ダーク減算する

「ノイズのみを記録した画像」のことをダークフ
レームと言います
 
このダークフレームを予めを別途作成しておき、
写真から差し引くことで、ノイズを写真から取り
除くことができます
 
この作業を、ダーク減算と言い、長時間ノイズを
軽減することができます。
  

まとめ

高感度ノイズ、長時間ノイズのそれぞれの原因と
対策について解説をしました。
 
ある程度は、カメラの機能や現像ソフトを活用す
ることで軽減は可能ですが、できる限りノイズが
起きない環境で撮影することが得策です。

目的用途に合わせたノイズ対策をし、シャッター
の瞬間を逃さなくして欲しいと思います。
   特定商取引の表示
プライバシーポリシー