スポンサーリンク

ホワイトバランスの意味と使うことにより得られる効果を解説

撮影した写真と実物が全然違う時に対処する方
法として、ホワイトバランスの設定があります。

ホワイトバランスを使うことで被写体をありの
ままの色に修正してくれるだけでなく、写真の
雰囲気そのものを変えることもできるのです。
  
ではホワイトバランスとは、一体どのような設
定なのでしょうか。

そこでこの記事では、ホワイトバランスの意味
を解説するとともに、撮影時の使い方も説明し
ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホワイトバランスとは

ホワイトバランスの効果

ホワイトバランスとは、「白い被写体を白に見
せるための方法」です。

撮影したときに写る被写体の色は、私たちの目
に見える色と同じではなく、周囲の光の色の影
響を受けてしまうことが多いです。
  
ホワイトバランスを活用することで、そういっ
た現象を修正し、白色に写るようになります。

それだけでなくホワイトバランスを手動で設定
することで、白く写るものを青っぽくしてみた
り、黄色っぽくすることもできます。

そのためうまく活用すれば、同じ被写体でも雰
囲気が全然異なる写真を作り出せるのです。

ホワイトバランスの種類

ホワイトバランスはカメラの機種によって選べ
る種類が異なりますが、大きく分けて5つありま
す。

  • 太陽光
  • 日陰
  • 曇天
  • 電球
  • 蛍光灯

これらを使いこなすことで、白いものを白く写
すこともできますし、また雰囲気を変えること
もできます。

ホワイトバランスと色温度

ホワイトバランスによって写真の色味が変わる
理由は、写真の色温度を調節しているためです。

色温度とは光の色を定量的な数値で表したもの
であり、低いほどオレンジ~赤色に近づき、高
いほど青色に近づきます。
ホワイトバランス
(画像①)
画像引用:http://www.my-craft.jp/html/aboutled/led_iroondo.html

各ホワイトバランス設定による色合いの見え方
を大まかに区分すると、以下の通りです。

  • 赤っぽく写る→曇天、日陰
  • 青っぽく写す→太陽光、蛍光灯

ホワイトバランスの選び方

気になるホワイトバランスの選び方ですが、特
に決まりはありません。

晴天下での撮影時だからといって「太陽光」設
定にする必要はありませんし、反対に屋内での
撮影時でも「太陽光」設定にしてもかまわない
のです。

あなたがその写真をどんなふうに仕上げたいか
で、ホワイトバランスの選び方が変わります。

例えば以下のような写真を撮りたい場合は、次
の設定がおすすめです。

  • さわやかな写真を撮りたい→太陽光、蛍光灯
  • 温かみのある写真を撮りたい→日陰、曇天

とはいえホワイトバランスを変えただけではあ
なた好みに仕上がるわけではないので、設定を
変えながら撮影するのがおススメです。
   
特定商取引の表示
プライバシーポリシー

>>トップページはコチラ