スポンサーリンク

レンズに付着するホコリは何が原因?手入れの方法も教えます

一眼レフを活用しているとどうしてもホコリや
汚れが付着してしてしまいます。

そこで、なぜレンズにホコリが付着してしまう
のかや、レンズにホコリが付着してしまったと
きの、メンテナンスの方法について解説をしま
す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レンズのホコリは手垢や外的要因が原因

レンズは直接手で触れながら使うものですから
、汗や皮脂、汚れなどが容易に付着してしまい
ます。
 
また外で撮影する際にも小さなホコリが付着し
ます。
お手入れしないままにしておくと、カビの発生や
変色、劣化などの原因になりますので、撮影後は
しっかりとお手入れすることが大切です。

  

レンズのホコリを落とすにはどうしらら良いか?

大切なレンズを劣化させない為に、レンズのホコ
リの落とし方を解説います。
 

ステップ1ブラシやブロアーでホコリを飛ばす

まずは、ブラシでホコリを払い、次にブロアー
で吹き飛ばすことから始めてください。

  
最初にホコリを落さずに、ホコリが付着したま
まレンズを拭いてしまうと、キズになる可能性
が高くなってしまいます。

 

ステップ2外装の汚れを入念に拭き取る

 
鏡筒に付着した手垢や油汚れは、クロスやセー
ム皮などで拭いてください。


 
基本的にはから吹きですが、ズームリングなど
のラバー表面は、少し水で湿らせて拭くと効果
的です。
 
また電気接点の掃除は布拭きが安全です。
 
カメラの掃除に慣れていれば、ペーパー素材を
使用すると良いと思いますが、ペーパーだと毛
羽立った紙の繊維が残ることがあるので、掃除
に不慣れな方は、布拭きから始めるのが良いか
と思います。
 
そして、ズームレンズの可動部が一番ホコリが
入り込みやすいところです。
 
レンズやカメラが傷んでしまわないように、まず
はブラシなどで外側に向けてホコリを掃き出すよ
うにしてください。

 

ステップ3レンズの掃除をしていく

レンズ掃除はまずブロアー掛けからおこないま
す。

その後に、木製ピンセットや割り箸などに、
クリーニング液を沁みこませたクリー二ングペ
ーパーを巻き、レンズ中心から円をかきながら
外へと拭いていくことでスムーズに汚れを落す
ことができます。
  
ここのポイントですが、クリーニング液は少量
にして、付け過ぎないようにしてください。
 
クリーニング液を多く付け過ぎると、かえって
汚れが目立つ場合があります。
このようなセットがあるので1セット持ってい
れば便利ですよ。



 

まとめ

レンズにホコリが付いてしまう原因や
レンズの汚れを掃除する方法について
解説をしました。
 
どうしてもホコリや汚れがついてしま
いことは避けれませんが、手入れをし
っかり行うことで、レンズ変色やカビ
の発生などを抑えることができます。
 
こまめにレンズのメンテナンスをおこ
なうことで、快適なカメラライフを楽
しんで頂きたく思います。

   特定商取引の表示
プライバシーポリシー