スポンサーリンク

被写界深度を理解してボケ味をうまく表現しよう!

一眼レフを使いこなしてくると被写界深度とい
う言葉を見かけることが増えてきます。

被写界深度って何?
どんな時に必要?
    
今回は被写界深度の基本や、特徴についてお伝
えしていきます。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

被写体深度とは

写真を始めてカメラやレンズについて調べてい
ると、被写体深度という言葉が出てくることが
あります。
 
この被写体深度とは、被写体の手前から奥まで
ピントが合っているようにみえる範囲のことを
指しています。
 
範囲が広いと被写体深度が深く、範囲が狭いと
被写界深度が浅いと表現します。
  
正確には、ピント面より手前のものがシャープ
に写る距離(前方被写界深度)は短く、ピント
面より後ろのものがシャープに写る距離(後方
被写界深度)は長くなります。
 
ピントというものは、厳密にいえば一面にしか
合いません。
   
しかし、被写体深度を調節することによって、
ピントが合っているようにみえる範囲を変える
ことができるのです。これが写真の面白さです。
 

被写体深度と絞り、焦点距離、撮影距離の関係

被写体深度と絞り、焦点距離、撮影距離は密接
に関係しており、次のような特徴があるため一
覧表にしてみました。
 
被写体深度
被写界深度の表
 
この被写体深度と絞り、焦点距離、撮影距離と
の関係は、被写体深度つまり被写体の前後でピ
ントが合っているように見える範囲を決めるの
に重要な要素です。
 
 

背景に大きなボケを作る条件

背景に大きなボケのある写真を撮るには、次の
4つの条件があります。
 
・絞りを可能な限り開く(F値を小さく)
・レンズの焦点距離を長く(望遠)
・被写体に近づく
・ぼかしたい背景はできるだけ遠くする

 
この4条件を満たせば、背景に大きなボケが得
られます。
   
主に、ポートレートやペットなどの撮影、花の
接写の時などに利用します。
 

被写体深度の浅い写真

人物ポートレートやペットなどの写真を撮る場
合に、被写界深度を浅くして背景をぼかすと、
ぼけているところよりもピントの合っていると
ころに自然と視線が行くため、人物やペットが
ぐっと引き立ち印象が強くなります。

また、背景ぼけを利用すると、奥行き感を出す
ことも可能になります。
 
場合によっては、ビシっとシャープに写るより
ぼかした方が雰囲気が出ると言うこともありま
す。
 
ただし、ピントが合っているように見える範囲
が狭いため、より正確なピント合わせが大事に
なります。
               
「視線」
被写界深度 視線            

※背景に雰囲気がよい噴水のある池を選択し、
頭に木漏れ日を入れて乙女心の機微を表現し
ました。
 
人物のみにピントが合っており、協調されて目
を引き付けます。
(F値4、中望遠レンズ70㎜、手持ち)
         
「一隅」
被写界深度 一隅
※一葉だけ紅葉が始まり、日の当たった背景の
もみじ一株をぼかし雰囲気のある絵柄にしたも
の。ピントは手前の葉っぱのみでスッキリと協
調されています。
(F値5.6、望遠レンズ300㎜、三脚使用)
 

被写体深度の深い写真

風景写真や記念写真を撮る場合は、手前から奥
までくっきり写したいものです風景写真でどこ
か一点にだけピントが合って全体的にぼやけて
しまっては綺麗に見えないし、せっかくの記念
写真なのに一緒に写した奥の建物がぼけていた
ら興ざめになってしまいます。
 
被写界深度の深い写真となると、逆に全体的に
目がいくので、全面的に見せたい風景写真や背
景をぼかさずに写したい建築物の場合になどに
利用します。
  
その一方、背景がきちんと整理されていないと
主要被写体が背景に埋もれてしまい散漫な写真
になりやすいので、背景処理や構図などは浅い
被写界深度の写真よりも、より慎重に決めてい
かなければなりません。
 
「境内」
被写界深度 境内     
※広報誌用に神社の境内で撮影したもので、手
前の行灯から奥の社殿までピントを合わせ、綺
麗にくっきりと見せることが可能です。
(F値16、広角レンズ35㎜、三脚使用)

 
「春香」
被写界深度 春香   
※梅の花が爛漫な時期の撮影。
全体にピントが合い手前から奥までくっきり見
えます。
(F値11、中望遠レンズ70㎜使用、手持ち)
  
望遠系レンズや広角系レンズを使用し被写体深
度の深い写真を撮る場合には、三脚を使うのが
一般的です。
 
絞りを絞ればF値が大きくなります。

前後のピントを合わせるためにF値11以上に合
わせる必要がありますが、絞りを絞るとシャッ
ター速度が遅くなり、撮影する時のシャッター
ぶれを防ぐため必要になります。
   
ASA感度を上げれば手持ちでも撮影することは
可能ですが、風景写真など朝夕の時間帯に撮影
する時は、必ず三脚の使用をお薦めします。

 

まとめ

以上のとおり、被写体深度について、参考例を
使いながら分かり易くまとめてみました。
 
被写体深度という言葉だけを聞くと難しそうに
聞こえますが、要は、ピントの合っているよう
にみえる範囲ということです。
  
そして、被写体深度を一言で表現するなら、そ
れは「ボケ具合」です。
 
写真は一生付き合える趣味です。
 
被写界深度をコントロールできるようになると
写真表現の幅が広がります。
  
F値(絞り値)、焦点距離、撮影距離の3つの要
素を意識しながら、思ったとおりに撮影し写真
の世界を楽しんで頂ければと思います。

   
特定商取引の表示
プライバシーポリシー

>>トップページはコチラ