スポンサーリンク

ホワイトバランスの設定方法を理解して写真の雰囲気を操ってみよう

写真の良し悪しを決める重要な要素の一つが、
写真の色合いです。
  
色合いが異なると、同じ景色の写真でも、雰囲
気が大きく異なります。
 
雰囲気が変わる設定の一つが、ホワイトバラン
スです。
 
ホワイトバランスをいじれるようになると、さ
わやかな写真から温かみのある写真まで、自分
の手で作り出すことができます。
 
そこでこの記事では、ホワイトバランスの設定
方法と選び方を解説します。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホワイトバランスとは

ホワイトバランスとは目の前にある被写体をあ
りのままの色に修正してくれる機能です。
 
写真で納めると、被写体は周囲の光の色に左右
されてしまい、実際に見ているものと異なる色
に見えてしまいます。
 
例えばオレンジ色の蛍光灯の下で白いお皿を撮
影すると、お皿は白ではなくオレンジっぽく見
えてしまう、という感じです。
 
しかしホワイトバランスを設定することで、周
囲の色に左右されないように修正をかけてくれ
るので、ありのままの色で写真に残すことがで
きるのです。
  
この性質を利用することで、白いものを青く見
せたりすることも可能なので、雰囲気を大きく
変えられます。
 

ホワイトバランスの種類

ホワイトバランスには大きく5種類あります。
 
デフォルトではオート設定になっており、自動
で修正をかけてくれます。
 
オート以外の以下5種のうち選択するものによ
って、写真の雰囲気は大きく変わります。
 

  • 太陽光
  • 日陰
  • 曇天
  • 電球
  • 蛍光灯

  
ホワイトバランス①

こちらはホワイトバランスを設定しない状態で
撮影したものです。
 
この画像のホワイトバランスをいじると、以下
のようになります。
 

ホワイトバランス②
↑太陽光

ホワイトバランス③
↑日陰

ホワイトバランス④
↑曇天

ホワイトバランス⑤
↑蛍光灯
 
一眼レフ本体によってはより細かい設定が可能
ですが、大まかにこの5種類を押さえておけば
大丈夫です。
 

ホワイトバランスの設定方法

ホワイトバランスの設定方法を、Nikon D7500
をもとに説明します。
 
カメラの「MENU」ボタンを押し、そこからホ
ワイトバランスの項を見つけ、OKボタンを押
します。
設定方法①
 
そこから好きなホワイトバランス設定を上下カ
ーソルで選択し、OKボタンを押します。
設定方法②
 

おわりに

写真を撮っていると、必ず「目の前にあるもの
と色が違う」と感じる時があります。
 
そういう時こそ、ホワイトバランスを設定する
ことで、被写体をありのままの色にすることが
できます。
  
ホワイトバランスを設定する方法は難しくあり
ませんから、手持ちのカメラの設定方法を覚え
るようにしましょう。
 
ホワイトバランスを上手に設定できれば、写真
の雰囲気も変えられるので、より一層楽しめる
ようになりますよ。
   
特定商取引の表示
プライバシーポリシー

>>トップページはコチラ